トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の2件の記事

木造耐火建築講習会修了証

先日受講した木造耐火建築の講習会修了証が届きました。
講習会を受けてから3週間。割と早い。
2X4協会は事務局で名簿管理、修了証はなし。
ある方が顧客への説明に使えて良いですね。757

|

木造耐火建築の講習会

木造軸組工法(在来工法)による耐火建築の講習会を受講してきました。
各種試験により国土交通省から1時間耐火構造の認定を受けた構造の講習です。

これにより次のような建築を木造で行えます。
(1) 防火地域の100m2を超え、または階数が3以上の建築物(法第61条)
(2) 準防火地域の1,500m2超え、または地階を除く階数が4以上の建築物(法第62条)
(3) 建築基準法以外の法規により耐火建築物の規制がかかる老人施設や保育園等
(4) 高さが13m又は軒高さが9mを超える地階を除く階数が4以上の建築物(法第21条)
(5) 3階建て以上の特殊建築物(法第27条)

4階建て以下の建物であれば何でも建てることが出来ます。
鉄骨構造や鉄筋コンクリートより重量が軽いので基礎に掛かる負担が少なく、
工事費を抑えることが可能です。また軟弱地盤に対しても軽いのは有効です。

2004年度に枠組み工法(2X4工法)はすでに1時間耐火の認定を受けています。
2年ほど遅れて軸組工法でも可能となりました。規制緩和は外来工法からですねぇ。

枠組み工法の1時間耐火も受講していますが、
構造が柱梁で軸組を組む以外ほとんど同じ内容でした。
余り新しさはなかったですが今後さらに可能性が広がるのを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年3月 »