« 伝統構法について | トップページ | 石原知事が東京の景観嘆く »

適材適所の家造り

木造にこだわると材木にこだわりたくなります。
材木にこだわるとどうしても価格に影響してしまう。
何とか上手く調達できないものか動いていました。

先ずは山元からの調達をやってみました。
ただ、どうしても山元の事情に振り回されるというか、
適材適所の家造りとはちょっと違うものになってしまう。
山元にある材料でやらざる得ないのです。

春から木場の材木問屋と繋がりが出来て外材も含めて
どこからの材も調達できるようになりました。
その後、他の問屋さんからも声を掛けていただいて、
必要と思う材が何でも調達できそうです。

問屋価格なので価格もだいぶこなれてきました。

さて街の材木屋もかなり辞めてしまっています。
知り合いの工務店も材木屋が辞めて調達に困っていました。
木場の問屋を教えてあげたので今はそこから調達しています。
(伝統構法が出来る工務店なので何とか助けたかったですし)

政治で構造改革とか有りましたが色々変わってきそうです。

|

« 伝統構法について | トップページ | 石原知事が東京の景観嘆く »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19380/17122039

この記事へのトラックバック一覧です: 適材適所の家造り:

« 伝統構法について | トップページ | 石原知事が東京の景観嘆く »