« 建築材料の高騰 | トップページ | 天窓転落事故 »

欠陥住宅

複数の欠陥住宅の交渉や訴訟に関わった経験から。
欠陥住宅の事例の多くはローコスト住宅。
坪単価の安い工務店や建て売り住宅。
そして、ローコストを売りにしている建築家。
安さだけを売りにしている業者には注意が必要です。

最近はJIOなど保証かけているので
修繕工事を的確に行えますが。
住んでいながらの工事になるので、
精神的な疲労はかなり負担になります。

補償が効かない場合は最悪です。
交渉も揉めて、適当にはぐらかします。
ローコストで建てるときは交渉の弁護士費用で
50万くらい用意しておくことを薦めます。

提訴になると200~300万円掛かります。
そこまで事前に用意できるなら、
相応のコストで建てる方が賢いと思います。

工事の進み具合に不安を感じたら、
早急に弁護士への相談してください。

|

« 建築材料の高騰 | トップページ | 天窓転落事故 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19380/41385336

この記事へのトラックバック一覧です: 欠陥住宅:

« 建築材料の高騰 | トップページ | 天窓転落事故 »