« 天窓転落事故 | トップページ | 適材適所 木づくり »

欠陥住宅の対策

建築業界紙日経アーキテクチャーの記事から

基礎工事の地業は建築基準法では細かい基準が無く金融公庫仕様でも具体的な指針がありません。性能保証でも指針がありません。
しかし、地業の不手際から基礎に欠陥が出ることが多く建築学会が普通の住宅など小規模な建築向けの手引きをまとめました。これから建てる方はぜひ参考にしてください。

小規模建築物基礎設計指針
# 出版社: 日本建築学会 (2008/03)
# ISBN-10: 4818905747
# ISBN-13: 978-4818905740
価格:¥ 4,725 (税込)
================================
日経アーキテクチャー
【住宅基礎の死角】設計者も施工者も“基本のキホン”を再確認すべき
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20080617/523391/

|

« 天窓転落事故 | トップページ | 適材適所 木づくり »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19380/41589702

この記事へのトラックバック一覧です: 欠陥住宅の対策:

« 天窓転落事故 | トップページ | 適材適所 木づくり »