« 欠陥住宅 | トップページ | 欠陥住宅の対策 »

天窓転落事故

先ずは亡くなられた子供の冥福を祈ります。

事故現場の写真を見て何故柵がなかったのが不思議でした。
私が設計したら子供が近寄れないように防護柵は作ります。
エアコンの室外機と天窓は最低限囲います。
この設計ミスは言い訳できないですね。注意力無さ過ぎ。

そして、壊れた写真を見ると解りますが、天窓に飛び乗っています。
プラスチックが危険とも思わず全体重を掛けて・・・。

プラスチックをかぶせているのは光の調整もありますが、
屋上の点検中に作業員が誤ってガラスを踏み抜かないため。
プラスチックであれば勢いよく乗ることはしないですから。

無邪気な子供を考えると柵を作っても乗っかっているかも。
小学校の屋上に天窓を作ることが禁止になるのでしょうか・・・。

それにしても親御さんは何とも言えない悔しい気持ちでしょうねぇ。
子供は空から何を思っているか・・・。死んだら戻れないのに。

|

« 欠陥住宅 | トップページ | 欠陥住宅の対策 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19380/41578742

この記事へのトラックバック一覧です: 天窓転落事故:

« 欠陥住宅 | トップページ | 欠陥住宅の対策 »