« 伝統的木造設計法実大振動実験 | トップページ | 理想の鉄筋コンクリート造 »

筋交いを封印

以前から不連続なトラスもどきの筋交いは否定的でしたが、
今回の振動実験を見たことで確信に代わり、今後事務所では筋交いを基本的に封印としました。
3階建てでは耐力上必要になると思いますが、使うとしても最低限にします。
問題はコスト面ですねこの辺は工務店と調整していきます。
今回の振動実験は金物補強をしないで基準法最低限の壁量しかない土壁伝統構法の実験体を震度7で揺らしています。その結果一部破損しながらも倒壊しませんでした。これを同じく金物補強しない筋交い在来構法でやったら間違いなく倒壊します。人命を守る性能がこれだけ違えば筋交いは封印するべき。これが結論です。

|

« 伝統的木造設計法実大振動実験 | トップページ | 理想の鉄筋コンクリート造 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19380/43360073

この記事へのトラックバック一覧です: 筋交いを封印:

« 伝統的木造設計法実大振動実験 | トップページ | 理想の鉄筋コンクリート造 »