« 大津磨の家見学 | トップページ | 仕上げの色決め »

プレカットの限界

写真は一般的なプレカットの加工できる接合部。たったこれだけの種類しかありません。大きな梁や桁も弱い腰掛け鎌継ぎでやらざる得ません。どんなに加工精度が高くても接合部の強度自体が弱いです。結局金物で補強しますが、弱い接合部なので大きな地震時に捻れ他の接合部に負担を掛けるでしょう。

当事務所は予算の関係でプレカットの場合、一部の継ぎ手を手刻み加工できる工場にお願いします。若干価格が上がりますが安全性を優先します。

本当は伝統構法で出来ればいいのですが予算との兼ね合いが悩ましいです。

01
プレカットの接合部:腰掛け鎌・腰掛け蟻・腰掛け兜蟻・腰掛けホゾ差・平ホゾ

|

« 大津磨の家見学 | トップページ | 仕上げの色決め »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19380/44930345

この記事へのトラックバック一覧です: プレカットの限界:

« 大津磨の家見学 | トップページ | 仕上げの色決め »