« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の5件の記事

倒壊してしまった長期優良住宅

去る十月二十七日に兵庫県幹にある振動実験試験場で行われた長期優良住宅の基準に適合した三階建ての住宅が想定と異なる倒壊という結果になりました。実験の模様は動画で配信されています。

続きを読む "倒壊してしまった長期優良住宅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

淡路いぶし瓦56判

ちょくちょくおじゃましては勉強させていただいていたBLOGがありまして。
お洒落な屋根 山田瓦店
http://myhome.cururu.jp/osharena/blog

で、こちらではまず見かけない淡路いぶし瓦56判そぎ面を工事されると。どうしても、現物を見てみたくなって、BLOGでコメント書いたところ。屋根工事元請けの鈴木正一瓦工場の鬼教官さんからもお誘い頂きました。
鈴木瓦@鬼教官 http://myhome.cururu.jp/ifukube/blog
そして、そそくさと現地に見に行ってきました。

続きを読む "淡路いぶし瓦56判"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防災まちづくりブロック別事業説明会

昨日は東京特別区で実施されている防災まちづくりの事業説明会に行ってきました。23区いっぺんには出来ないので3ブロックに分けての1回目です。
1312818024_10
東京都には戦後急速に木造の密集した住宅地が出来ましたが。そういう区域は道が狭く防災活動が困難です、そして建物は老朽化が進んでいます。むろん戦後すぐの建物ですから耐震性は低い。30年以内に7割の確率で起きるM7クラスの地震がおきれば、どういう被害になるか。。。その為、長いこと東京都が防災まちづくりの事業を進めています。

続きを読む "防災まちづくりブロック別事業説明会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊勢原の宮大工を訪ねて

神奈川県伊勢原市へMIXIで知り合った棟梁に会いに行きました。
工業高校出て京都の社寺建築に弟子入り、戻ってきて工務店経営、一級建築士も取得、年は35歳若い!いろいろな大工さんに会っていますがこの経歴はビックリしました。

続きを読む "伊勢原の宮大工を訪ねて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石場立ては確認取れなくなる

責任を取りたくないんですよね。
10日に新木場で伝統構法の構造に関するシンポジウムが有り行ってきました。

伝統構法を考える勉強会【拡大版】
http://koremoku.seesaa.net/category/6417818-1.html
Rimg0177

この会議で主催者が伝えたかったことは坂本功NPO木の建築フォラム理事長のまとめがすべてです。曰く

「伝統構法は頼りない構造である、どんなに研究しても在来工法・ツーバイフォー工法、木質プレハブ工法にはかなわない。伝統の日本建築は良い建築だか構造はいくら研究しても安全とは言い切れない。」

五分くらいでしょうか、長々話されていましたが、骨子としてはこの通りです。

他、いろんな方の話がありましたが。終わってから考えてみるに、伝統構法を肯定的に見ている研究者と実務者は自分の仕事に責任を取っている。伝統構法を否定してみている研究者と実務者はその仕事に責任を取れない。そういうことなのです。しかし、自分の仕事に責任取れないならその研究から外れていただけないでしょうか。そして、責任の取れない研究で振り回されるのは堪りません。

続きを読む "石場立ては確認取れなくなる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »