« 淡路いぶし瓦56判 | トップページ | 長期優良住宅の設計法 »

倒壊してしまった長期優良住宅

去る十月二十七日に兵庫県幹にある振動実験試験場で行われた長期優良住宅の基準に適合した三階建ての住宅が想定と異なる倒壊という結果になりました。実験の模様は動画で配信されています。

この実験はわざと接合部を弱くした住宅と規定通りの工事をした住宅を比較する実験でした。想定では接合部を弱くした住宅はひどい損傷もしくは倒壊し規定通りの建物は軽微な損傷のはずだったと思われます。ところが、実験のもくろみと異なる結果となり責任者はかなり当惑して居るものと思います。

さて、過去いくつかの実験をみた経験からこの実験で倒壊した原因は筋交いの破壊とみています。大きな地震力による応力に1階の筋交いが持たないで破断、破断によりとりついていた接合部が破壊、もしくは柱が損傷し持ちこたえられなかった。

そして、接合部の弱い建物が倒壊しなかったのは接合部を弱くしたことで建物の固有振動が変わり地震の震動に対して柔軟に大きく揺れその揺れで地震のエネルギーを受け流した効果が働いています。相当な揺れだったので接合部は結構損傷しているはずですが、自重を支えることは出来て倒壊は免れた。

この実験の責任者はこの結果を真摯に受け止め地震に対する構造のあり方を改めるべきと提言します。方針を変えない限り大規模な地震での死者を減らすことはできないでしょう。

|

« 淡路いぶし瓦56判 | トップページ | 長期優良住宅の設計法 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19380/46635383

この記事へのトラックバック一覧です: 倒壊してしまった長期優良住宅:

« 淡路いぶし瓦56判 | トップページ | 長期優良住宅の設計法 »