« 基準法施行規則改正に対する意見(その1) | トップページ | 基準法施行規則改正に対する意見(その3) »

基準法施行規則改正に対する意見(その2)

引き続き基準法施行規則改正に意見した内容を掲載します。

住宅の排煙設備の免除
火災時の煙災害を防ぐために排煙設備の設置を求められるが、住宅がたかが200m2程度の広さで排煙設備を求める必要があるのだろうか。そもそも、住宅は排煙設備を設置しても住人は特殊建築のような訓練をしないので使い切れない。

住宅における火災時の被害を無くすには各階へ家庭用消火器の設置を義務づける方が有効である。消火器の訓練は各町会が行っているので火災時に活用される。無意味な排煙設備の義務づけは止めるべきである。

|

« 基準法施行規則改正に対する意見(その1) | トップページ | 基準法施行規則改正に対する意見(その3) »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19380/47608640

この記事へのトラックバック一覧です: 基準法施行規則改正に対する意見(その2):

« 基準法施行規則改正に対する意見(その1) | トップページ | 基準法施行規則改正に対する意見(その3) »