« 宮大工が造る家の現場へ | トップページ | 基礎断熱・基礎暖房の落とし穴 »

断熱性能と健康

断熱性能の高い家に住み替えるとアトピー性皮膚炎・気管支喘息・かぶれ・冷え性が改善されると調査結果があります。調査は岩前近畿大学准教授が中心となり、この10年程度の間に高断熱の住み替えをされた方にアンケートを取ってデータを纏めています。
公表されている資料のURL→http://www.anjyuken.jp/100-1.html

データから アトピー性皮膚炎があった方、かぶれがあった方は100%の方が改善!気管支炎喘息は97%の方が改善、食物アレルギーが78%改善、手足の冷えが60%が改善と健康状態が大きく改善していることが解ります。

断熱性能を高めるのは省エネだけでなく住む人にとっても大事なことです。建て替え・住み替えのチャンスに断熱を忘れずにチェックしてください。

|

« 宮大工が造る家の現場へ | トップページ | 基礎断熱・基礎暖房の落とし穴 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19380/48447627

この記事へのトラックバック一覧です: 断熱性能と健康:

« 宮大工が造る家の現場へ | トップページ | 基礎断熱・基礎暖房の落とし穴 »