« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の5件の記事

「棟梁 堂宮大工の世界」展

昨日は竹中工務店東京本社の大工道具館へ「棟梁 堂宮大工の世界」展に行ってきました。本社の1階に無料で見学できる展示スペースがあり、なかなか良い展示を行っています。
Rimg1426
そして、16日はシンポジウム「西岡常一が残したもの」も行われ、それも拝聴してきました。お話しされるのが内弟子の小川三夫棟梁、薬師寺伽藍整備に携わった、建部清哲棟梁、菊地恭二棟梁のお話しです。聞き逃せません(^_^)。 西岡棟梁との出会い、修業時代の思い出話、棟梁の言葉で思いで深いこと、弟子の育て方など、貴重なお話が聞けました。シンポジウムは終わりましたが本社での展示は23日の平日夜18時まで行われています。また札幌・神戸・名古屋と巡回します。
詳しくは「棟梁 堂宮大工の世界」展http://dougukan.jp/toryo/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サクランボ

熊谷の國分工務店さんから今年もサクランボを頂きました。Rimg1381
社長のご実家が山形で、ご親戚が農園を営んでいます。その縁で取引先に送って下さるのですが、有り難いです。熊谷界隈で建てるときは是非國分工務店で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天溪会書道展へ

この間の同窓会で小学校の同級生が書道を熱心にされていて書道展に出展するのを聞いて、伝統建築を設計する者として勉強のため伺ってきました。この「天溪会」という会派は書の伝統を大切にする会で、漢字の書は唐の時代、ひらがなの書は奈良・平安の時代を手本に作品を制作するのだそうです。そして、同級生の作品。Rimg1383
6人で制作した書です。三蔵法師の教典を書にしたのだそうです。一番右のが作品です。それぞれが作者の作品ですが、六つの作品が一つの作品でもある、調和も必要なとても力作です。「ひらがなはできないんだよね」と言っていましたが、仕事しながらこれだけの作品を作れるのは凄いですよね。とても元気をもらいました。そして、来年の作品が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入居後一年点検

今日は昨年入居されたお宅の一年点検でした。工事会社の担当者と一緒に点検をし特に問題なく終わりました。点検後住み心地や光熱費の様子をうかがいました。施主様からはお昼ご馳走になりながら住み心地を伺ってきました。檜の大黒柱も一年経ってほどよく色が落ち着いていました(^_^)無垢の本物は年々味わいが出るが良いですね。そうそう、光熱費5人家族でガスが1000~1500円電気が2~3万円全館床冷暖房+エアコン3台+エコキュート+ガスレンジです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お中元の季節

神奈川は伊勢原の宮大工、内田工務店さんからお中元いただきました。感謝です。とても美味しそうなメロンです(^_^)食べ頃は7月9日。Rimg1369


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »