« リニューアル | トップページ | 混構造建築物の適判対象の見直しへ »

振動実験の映像公開されています

兵庫県三木市にあるEディフェンスの3次元振動台にて伝統的構法の実大実験が先週から始まっています。まずは石場立ての柱脚部滑り量の検証を行っています。映像が公開されていますのでどれだけ慎重に比較実験をやっているか紹介します。

実大震動台実験 no.1、no.2 BCJ-L2 Y方向加振 試験体長辺L方向

実大震動台実験 no.1、no.2 BCJ-L2 X方向加振 試験体長辺L方向

実大震動台実験 no.1、no.2 JMA神戸NS Y方向方向加振 試験体短辺S方向

実大震動台実験 no.1、no.2 BCJ-L1 X方向加振 試験体長辺S方向

実大震動台実験 no.1、no.2 BCJ-L2 X方向加振 試験体長辺S方向

実大震動台実験 no.1、no.2 JMA神戸 3方向加振

映像を見て以前の振動実験とは違い科学的にデータを集める実験との印象を持ちました。
今週行われている実験の映像公開も楽しみです。

|

« リニューアル | トップページ | 混構造建築物の適判対象の見直しへ »

伝統構法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19380/50579333

この記事へのトラックバック一覧です: 振動実験の映像公開されています:

« リニューアル | トップページ | 混構造建築物の適判対象の見直しへ »